モゲチェック金利

モゲチェック・プラザ



住宅ローン借り換えアプリ「モゲチェック」サービス紹介動画(Crevo制作実績)

住宅ローンの借り換えはモゲチェック・プラザ

モゲチェックで金利削減メリットは?住宅ローン借り換えチェック!

モゲチェックで金利削減メリットは?住宅ローン借り換えチェック!

 

「平均480万円削減!」

 

住宅ローン借り換えサービス厄介な金融組織選択しも申込み手順もお任せ

 

やらない理由はない?

 

マイナス利息導入から1年、住宅ローン借り換え見定め者が増大しているようだ。

 

利率が低い現在こそ借り換えのチャンスと腹積もりている人が多々ある。

 

現時点で、国内には住宅ローン活用者が1200万人いるといわれるが、

 

借り換え良い面が100万円以上ある人が600万人以上いると見られる。

 

住宅ローンの借り換えで煩わしいなのが、金融機構選択しや各種エントリー申込み手順だ。

 

そんな訳で多くの人がインターネットの対比Webページを活用する事だろう。

 

そこには借り換えにいい金融組織の順位が掲載されており、ポイントになりそうだ。

 

ただし、実のところには対比Webページの情報は案外あてにならない事がある。

 

対比Webページの順位をうのみにできない要因

 

なぜなら対比Webページに掲載されている順位は、

 

例を挙げると年収1000万円、東証1部上場会社といった、高年収の人たちを対象にした

 

情報をもとにしているからだ。

 

年収がそこまで高くなかったり、自営業だったりする時、その上出資用物件を持っていて

 

債務が多かったり、特殊物件(借地・ショップ並存型)を持っていたりするケースは、

 

こうした対比Webページ順位上位の金融機構の査定に通るとは限定しない。

 

インターネットでの対比Webページだけでは、的確な情報は理解できない。

 

そんな訳でいい金融組織を見つけても、借り換えにはまだハードルが立ちはだかる。

 

申請申込み手順がとても厄介なのだ。

 

一例を挙げれば査定を受けるだけでも、普通申込書に150項目程度を入力しなければいけない。

 

必須書類に関しても10から20ほどもある。

 

モゲチェック・プラザなら造作なく決着

 

金融機構選択しや書類集めなどが大変で途中であきらめてしまう人も

 

多々ある借り換えだが、こうした手間の無用な借り換え技術がある。

 

それは住宅ローン借り換えサービス「モゲチェック・プラザ」を使用する事だ。

 

モゲチェック・プラザでは対比Webページのような年収1000万円の人を

 

対象にした順位情報にたよるのではなく、専任のアドバイザーがユーザー一人ひとりの

 

属性に応じた最適な住宅ローン選択しを助言するサービスを展開している。

 

数ある金融組織の中で、査定に通りやすい銀行をピックアップし、

 

その中で総償還額が最も低いクレジットが提示される。

 

煩わしいなエントリー作業も書類収集代理や申込書の記入バックアップをしてもらえる。

 

他にもは銀行に対する融資要件交渉までもしてくれる。

 

今まで100人以上のユーザーの借り換えに成功しており、ユーザーが

 

借り換えによって得た借り換え良いところ額は平均480万円となっている。

 

モゲチェック・プラザは借り換え時だけでなく、完済までのアフターバックアップもしてくれる。

 

完済までの期間中、月次マンスリーレポートを送ってもらえ、利息が上昇した(しそうな)時には

 

用心を喚起してくれる。

 

変化利息で貸付金を設ける人にはありがたいだろう。

 

ケースによっては、固定利息への移行も助言してくれるそうだ。

 

借り換え教授から金融組織との交渉、エントリー支援、完済までのアフターバックアップと、

 

トータルでのアフターケアを実施してくれるときくと、「総額が高いのでは?」という質問が生じるだろう。

 

 

総額が必要になるのは、借り換えに成功したケースのみ。

 

それも一律20万円だ。

 

仮に話し合いしても借り換えにいたらなかった事例、

 

コストはかからないのだ。

 

借り換えに成功すれば、20万円の経費なら

 

きっとリーズナブルに感じられるだろう。

 

今現在、住宅ローンを返金しているという人は、真っ先にモゲチェック・プラザへ照会てみてはどうだろうか。

 

公式サイト住宅ローンの3秒診断

 

モゲチェック 住宅ローン金利

 モゲチェック 住宅ローン金利

 

日銀金融方針決断会合を受けて

 

今後の住宅ローン利息についてのスペシャルレポート

 

〜移り変わり利息型住宅ローン利息は今のところ上がらない〜

 

株式会社MFSフィンテックを応用した住宅ローンコンサルティングサービス「モゲチェック・プラザ」を展開する

 

株式会社MFS(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO中山田明、以下「MFS」)は、7月30日及び31日に

 

行われた日銀金融施策決断会合を受け、今後の住宅ローン利率についてのスペシャルレポートを公表いたします。

 

ハイライト
 

 

本日の日銀金融施策決断会合を受けて、10年固定特約型やフラット35の利息は

 

今後年末にかけて変化奥行きが大きくなると共に少々上昇ベースで推移する見込み 

 

少子老年期化により物価上昇の動きは鈍く、金融緩和施策は継続されるため、

 

今後10年以内に移り変わり利率型の住宅ローン利息が現在より1%以上上昇する見込みはとても低い 

 

本日、日銀金融方針決断会合を経て日銀は、今のところ現況の金融緩和方針を継続するものの

 

長期緩和の「副作用」に配慮し、0%程度に誘導していた長期利息を約1年10ヶ月ぶりに変化奥行きを

 

広げて利率上昇を容認するスタンスに調整しました。

 

ただ、合わせて物価上昇見通しを引き下げ今後も金融緩和を継続する姿勢を表明した事もあり、

 

1年半ぶりに0.11%まで上昇していた10年国債利子は若干低下しています。

 

この状況を踏まえて今後住宅ローン利率は如何になるのか、特に移り変わり利率型の住宅ローン利息の

 

今後の見通しについてMFSの腹積もりをレポートいたします。

 

住宅ローン利息の推移 

 

MFSで製造している各金融組織セクター・利息タイプ別利率インデックスの

 

過去1年間の推移は、以下の通りです。

 

移り変わり利率は引き続き低下性質、固定利率は少々上下しながらほぼ1年前の水準に戻っています。

 

短期的見通し
 

 

今度の日銀金融方針決断会合を受けて上昇メインカラーにあった10年国債利子は

 

一度低下していますが、その一方で前月初より0.05%程度高い水準にあります。

 

これにより明日8月1日に各金融機構より公表される8月の10年固定特約型の住宅ローン利息は

 

0.05%〜0.1%程度上昇すると思われます。

 

全期間固定利息であるフラット35は、その基となる住処金融支援機構債券の発行が

 

事前に完了しているため、8月は7月と変わらない利率水準になるものの、その後年末にかけて

 

10年固定特約型と同じく、長期利息上昇の影響を受けて上昇ベースで推移するものと想定されます。

 

一方で、長期利率の動きに直接影響を受けない変化利息型の住宅ローン利息は、

 

前月と変わらない水準になるでしょう。

 

長期的見通し
 

 

採り上げるのの金融方針決断会合では、物価見通しが下方修正されました。

 

従って今後も金融緩和方針は継続されます。

 

MFSでは、移り変わり利息型の住宅ローン利率が今後10年以内に実際より1%以上上昇する見込みは

 

とても低い、と心積もりています。

 

採用情勢や会社業績といった周辺環境が整っているにもかかわらず目標となる2%の物価上昇率が

 

全うするできない訳に組成的な要因があるのではと指摘されていますが、その組成的要因とは

 

まさしく今現在日本で進行中の少子老齢化だと腹積もります。

 

労働人口が急速に減少する国で金融施策だけで2%の物価上昇率を誘発するほどの需要喚起は

 

できないのではないでしょうか。

 

目標とする物価上昇率の成し遂げるは2020年以降となる見通しで、それができなければ日銀は

 

今現在の緩和姿勢を加えて継続せざるを得ず、結果として住宅ローン利息の上昇も起こりません。

 

住宅ローンの利率組成
 

 

民間金融機構が用意する住宅ローンは移り変わり利息がベースです。

 

これは民間金融組織の調達財源の大ところが銀行預金を中心とする短期財源であるためです。

 

これに一定期間固定利率にする特約を付けたものが固定利率特約型という利息タイプで、

 

これも特約期間が終了すると原則変化利率になります。

 

変化利率型の住宅ローン利息は、短期プライムレート(以下短プラ)に1%を加えた

 

住宅ローンスタンダード利息から引き下げ奥行きを控除して判断されます。

 

目下主要金融機構の短プラは1.475%ですので、住宅ローン規格利息は2.475%となり、

 

これから引き下げ奥行きを控除して0.5%程度の利率が現時点での移り変わり利息型の

 

住宅ローン利率となっています。

 

このように移り変わり利率型の住宅ローン利率は短プラに連携しているわけですが、

 

短プラ自体は過去20年に渡っておおかた移り変わりしていません。

 

この間住宅ローン利率が継続的に低下してきたのは、引き下げ奥行きが拡大されてきたからです。

 

今後住宅ローン利息が上昇するケース、引き下げ奥行きの縮小と短プラの引き上げの

 

二つの見込みがあります。

 

引き下げ奥行きの縮小は単に新しく貸し出される住宅ローンの利息が上がるだけで、

 

直近で償還中の住宅ローン利率には影響がないのです。

 

一方、短プラの引き上げは、償還中のものも含めて変化利率型の住宅ローン全ての利息が

 

押し上げられるため、影響が広範囲に及びます。

 

ただ、大きな下方硬直性のあった短プラが上昇に転じるには、最初に目標とする2%の物価上昇率が

 

やり抜くされ、またインフレ沈静化のために日銀が本格的な金融引き締めに入り、民間金融機構の

 

元金調達支出が上がる必須があります。

 

目下の環境下でそのような状況が起こる見込みはとても低いと言わざるを得ません。

 

利息タイプの選択
 

 

現時点で住宅ローン利息は移り変わりで0.5%程度、全期間固定で

 

1.35%程度となっており、その差は1%もないのです。

 

このような環境で住宅ローン使用者はどの利息タイプをチョイスするべきでしょうか。

 

弊社は、利息タイプの選択は住宅ローン使用者の危険性許容度を依拠に決断すべきだと考慮します。

 

危険性許容度とは、今後利息が1%上昇した事例に懐具合に満たす住宅ローン償還額の

 

レートが如何になるか、です。

 

これが3割を超えるようだと危険性許容度が低いと腹積もりられ、未来利率上昇によって

 

住宅ローンの入金に支障をきたす見込みがあります。

 

従ってこうした方は今後とも利息が変わらない固定利率をピックアップするべきでしょう。

 

反対に利率が1%上昇しても住宅ローン償還額が懐具合の3割以下に収まる方は危険性許容度が

 

高いと言え、変化利率を選択していいのではと心積もります。

 

縮小しているとはいえ変化と全期間固定の0.85%の利率差は資金30百万円の住宅ローンで

 

年間約25万円、月額にして約2万円の必要経費になります。

 

直近での少子老年期化という組成的な問題を抱える日本で利息上昇危険性が相当程度低い事を

 

思いめぐらす とその必要経費は決して安価にないのです。

 

他にも、移り変わり利率型の住宅ローン活用者は、本格的な利率上昇の前に、固定利息型に利率タイプを

 

改変する、固定利率型に借り換える、繰り上げ返金で早く返してしまうといった手段で

 

利率危険性を排除する事もできるなのです。

 

モゲチェックについて 

 

懐具合にインパクトのある住宅ローンを最もリーズナブルに借り換えるバックアップを

 

目的に、全国140金融機構1200本以上の住宅ローン順位の中からご本人の借入額や利率タイプを分析、

 

借り換え長所額に応じた順位が製造され、ベストな住宅ローンの借り換え先が見つかるサービスです。

 

モゲチェック・プラザについて 

 

【特長】

 

全国700金融組織一括査定で最適なクレジットを選択

 

金融機構とのネットワークを活用した融資前提交渉

 

最適な返金手段を完済まで助言するアフターバックアップ

 

【全体】

 

所在地 東京都千代田区大手町1-6-1大手町ビル2階 FINOLAB

 

ウェブサイト http://mogecheck.jp/plaza/

 

連絡先 Tel:0120-954-255

 

email:support@mortgagefss.jp

 

営業時 平日・土曜 10:00-21:00、日祝10:00-18:00 

 

株式会社MFSについて
 

 

代表者:代表取締役CEO中山田明

 

所在地:東京都千代田区大手町1-6-1大手町ビル2階 FINOLAB

 

ビジネス:住宅ローンオンラインマッチングサービス「モゲチェック」、住宅ローン折衝窓口「モゲチェック・プラザ」、

 

住宅ローンクレジットスコア「モゲスコア」の運営など。

 

公式サイト住宅ローンの3秒診断

 

住宅ローンの借り換えはモゲチェック・プラザ

page top